このエントリーをはてなブックマークに追加

 

白井田七は田七人参という植物を使ったサプリメントです。ネット上では血糖値対策のサプリメントとして度々紹介されていますが、公式サイトを見ても血糖値対策が前面に出ている訳ではありません。

 

そもそも、公式サイトでは実際に使って効果があったという人の体験談が幾つも載っているのですが、どれも何がどのように効いたのかよく判りません。そこで、管理人が自分で

 

1.定期コースを注文
2.使ってみて血糖値を測定
3.解約

 

するまでをやってみることにしました。

 

白井田七を使ってみました

下は注文した白井田七です。

白井田七、袋

こんな感じで届きました。

 

 

白井田七、袋の中身

製品本体の他、健康チェックシートなどが入っています。

 

 

白井田七

白井田七、緑色の錠剤です。

 

検証は、まず白井伝七を飲み、牛丼大盛りを食べて10分置きに2時間後まで血糖値を測定しました。今回は、

 

・白井田七を飲んで牛丼大盛りを食べて血糖値を測定する。
>>白井田七を飲んで牛丼大盛り食べてみた

 

・白井田七を1ヶ月毎日飲み続けて空腹時血糖値を測定する。
>>白井田七を1ヶ月間飲み続けて空腹時血糖値を測定してみた

 

・白井田七を1ヶ月飲み続けた後、改めて牛丼大盛りを食べて血糖値を測定する。
>>白井田七を1ヶ月飲み続けた後、牛丼大盛り食べてみた

 

の3パターンで検証しました。注文と解約は、「白井田七の注文と解約は簡単?、実際にやってみた」で解説しています。

白井田七にはどんな効果が?

公式サイトで調べるなどしたところ、白井田七の有効成分として

 

・サポニン
・パナキサトリオール
・フラボノイド
・必須アミノ酸

 

の4つがありました。

サポニン

Wikipedia によると、

サポニンの一部には血糖値上昇抑制活性を有するものがある。膵臓β細胞に障害を与えたアロキサン糖尿病モデル(1型糖尿病に相当)に対してタラノメ抽出物を投与したが改善効果は認められなかった。一方、ラットへのブドウ糖やショ糖の負荷投与に際して血糖値上昇が7 - 8割も抑制された。

引用元:サポニン - Wikipedia


とあります。田七人参には、そのサポニンが高麗人参の7倍も含まれています。

 

パナキサトリオール

ライオン株式会社の公式サイトには

(1) 「田七人参」の微量含有成分「パナキサトリオール※1」に血液から筋肉への糖の取り込み量を増加させ、高血糖を抑制する作用があることを発見

 

(2) 社内ヒト試験により「パナキサトリオール」は、食後血糖値だけでなく空腹時血糖値にも効果があることを確認
引用元:「田七人参」の含有成分「パナキサトリオール」に高血糖を抑制する効果があることを発見!|ニュースリリース|企業情報 | ライオン株式会社


とあります。高血糖対策に運動が有効とされるのは、運動することで筋肉がエネルギー源として糖を使うため、血液中の糖分が減少する、即ち血糖値が下がるからです。パナキサトリオールには、糖を筋肉へ取り込む量を増加させる働きが有り、食後高血糖と空腹時血糖の両方に効果があると言うことです。

 

フラボノイド

もう一つの成分、フラボノイドは保健指導リソースガイドによると、

■フラボノイド類には、インスリン抵抗性を改善し、血糖値を下げる作用がある。

引用元:野菜や果物のフラボノイドが2型糖尿病の予防に有効 | ニュース | 保健指導リソースガイド


とあります。インスリン抵抗性は、インスリンの効果が低下してしまう状態を言います。この状態になると、血糖値が上がりやすく、一度上がった血糖値が下がりにくくなります。フラボノイドには、このインスリン抵抗性を改善する作用があるのです。

 

必須アミノ酸

そして、必須アミノ酸は

タンパク質を構成するアミノ酸のうち、その動物の体内で充分な量を合成できず栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のこと。必要アミノ酸、不可欠アミノ酸とも言う。

ヒトでは、一般に次の8種ないしヒスチジンを追加した9種類が必須アミノ酸に含まれる。

 

・トリプトファン
・リジン
・メチオニン
・フェニルアラニン
・トレオニン
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン

 

引用元:必須アミノ酸 - Wikipedia

 

体内で合成できないために食べ物で補給するしかなく、現代人には不足しがちな栄養素です。

 

これらの成分が効果を発揮すれば、確かに血糖値対策に効果がありそうです。また、血糖値以外にも白井田七には、血圧、貧血、尿酸値などにも効果が期待出来ると言う事で、健康診断で色々まずい数値がでてしまっている人にはお勧めです。

白井田七、実際に使ってみての効果

サポニン、フラボノイド、必須アミノ酸。3つの成分によって期待される効果について書きましたが、実際にはどうなのでしょうか?。

 

当サイトの管理人が検証した範囲では、確かに改善効果が見られました。詳細は、

 

>>白井田七を飲んで牛丼大盛り食べてみた

 

>>白井田七を1ヶ月飲み続けて空腹時血糖値を測定してみた

 

>>白井田七を1ヶ月飲み続けた後、牛丼大盛り食べてみた

 

をご覧下さい。

白井田七はドラッグストアで買える?

白井田七は薬局、つまりドラッグストアで買えるのか?。

 

注文して届くのを待つとか面倒だし、薬局で売ってないの?。と言う方、残念ですが白井田七は薬局での取り扱いはありません。管理人が実際に

 

・マツモトキヨシ
・サンドラッグ
・ツルハドラッグ
・ウェルシア
・ハックドラッグ
・ココカラファイン
・クリエイト

 

で探しましたが、発見できませんでした。面倒でも、公式サイトから注文して下さい。

 

糖尿病

白井田七の飲み方と飲むタイミング

白井田七はいつ飲むのが良いのか、そのタイミングと飲み方は?。

飲み方

 朝晩2粒ずつか4粒ずつ、1日4〜8粒を水などで飲みます。公式サイトによると、最初の1ヶ月は1日8粒にした方が早く確実に効果を実感できるそうですので、最初の1ヶ月は1日8粒が良いでしょう。

 

飲むタイミング

 白井田七は、継続して飲み続けることで次第に効果を発揮するタイプのサプリメントで、飲むタイミングを問いません。食前でも食後でも、1日2回定期的に飲み続けることが大切です。

 

 ただ、食前の方が有効成分の吸収が良いので、飲むタイミングとしては食前をオススメします。

白井田七まとめ

商品名 白井田七
有効成分 サポニンン、フラボノイド、必須アミノ酸他
販売元 株式会社 和漢
単品購入 可(6480円) 
毎月1袋定期コース 初回3980円、2回目以降5184円
毎月2袋定期コース 初回7960円、2回目以降10386円
解約 定期コースの解約はいつでも可能(〇ヶ月縛り無し)。注文と解約については、「白井田七の注文と解約は簡単?。実際にやってみた」で詳しく紹介しています
返金保証 使用後でも15日以内なら返品可能、15日返金保証有り
薬局での取り扱い 無し
特徴

血糖値の急上昇を抑えるサポニン、糖の筋肉への取り込み量を増加させるパナキサトリオール、インスリン抵抗性を改善するフラボノイド、そして必須アミノ酸の働きで血糖値対策だけでなく、様々な体の不調をサポートします。

 

原材料の田七人参は中国南部原産で、16世紀の薬学書に初めてその名が登場します。収穫まで3〜7年かかることから「サンシチニンジン」とも呼ばれ、その価値は金に換えられないほどであるとされ「金不換(きんふかん)」の呼び名も持ち、長い間輸出が禁止されていました。

 

口コミなどを見ていると、特に中高年以上で体の不調を感じている方からの評価が高いようです。

白井田七を使ってみた 記事一覧

白井田七を飲んで、牛丼大盛りを食べた後の血糖値の推移をまとめました。朝食を食べてから約7時間後、白井田七を飲んでから牛丼の大盛りを食べ、完食後10分から測定を開始。10分置きに2時間後まで血糖値値を測定しました。結果だけ見たい方は、こちらをクリック。

管理人の空腹時血糖値が100mg/dLを超えていたので、白井田七を1ヶ月飲み続け、その間毎朝血糖値の測定した結果、空腹時血糖値が100mg/dLを切りました。>>白井田七を1ヶ月飲み続けて空腹時血糖値を測定してみたそこで、この状態で再度牛丼大盛りを食べて血糖値を測定したらどうなるか、試してみることにしました。

当サイトの管理人が、実際に白井田七を購入、・白井田七を飲んで牛丼大盛り食べ、食後血糖値の推移を測定。・白井田七を1ヶ月飲み続け、空腹時血糖値を測定。・白井田七を1ヶ月飲み続けた後、牛丼大盛り食べて血糖値の推移を測定。の3パターンで検証した結果を基にした、管理人的評価と口コミです。

血糖値を初めとする様々な健康効果が期待される白井田七、糖尿病にも効果があるのでしょうか?。もし、この効果という単語の意味が「糖尿病が治る」という意味だとしたら、答えはノーです。糖尿病ネットワークによれば糖尿病による高血糖は、きちんと治療すれば確実に正常域まで下げることができます。しかし、インスリンの作用が不足している状態は、長年の生活習慣の積み重ねや加齢によって生じたものですから、治療をやめると元...