このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大塚製薬の特定保健用食品「賢者の食卓」は、糖尿病にも効くのでしょうか?

 

賢者の食卓と糖尿病についてまとめました。

 

賢者の食卓は糖尿病に効く?

結論から言うと、効果はありますが薬ほどは効きません。

 

特定保健用食品は、あくまで食品であって薬ではありません。食後血糖値の上昇を抑制する効果は確かにありますが、糖尿病患者の方が病院から処方される薬ほどの強い効果はが無いのは当然のことです。

 

ただし、薬ほどの強い効果が無い変わりに、副作用もありません。

 

賢者の食卓と同様な作用を持つのは、一般にα-グルコシダーゼ阻害薬と呼ばれるタイプで、

 

・低血糖
・消化器症状(腹部膨満感や放屁など)
・腸閉塞、イレウス
・肝機能障害

 

等の副作用が報告されています(ただし、腸閉塞、イレウス、肝機能障害は希にしか発生しません)。
引用元:α-グルコシダーゼ阻害薬の解説|日経メディカル処方薬事典

 

これに対して賢者の食卓は、体重60kgの人間ならば1度に29包を摂取したとき、初めて下痢などの症状が出ると言われています。
1度に29包は非現実的で、事実上副作用は無いと言って良いでしょう。
>>賢者の食卓、成分と飲み方、副作用について

 

勿論、糖尿病が治癒したりもしません。

 

中々治癒しない病気に、民間療法や自然食品などに頼る人も少なくありません。しかし、残念ながら糖尿病が完治する秘密の治療法や、奇跡の食品は存在しないのです。

糖尿病の予防

薬ほどの強い効果はない賢者の食卓ですが、それでも血糖値コントロールの助けにはなります。

 

糖尿病を発症してしまったら処方された薬を使った方が良いですが、まだ完全に糖尿病になっていないなら、賢者の食卓を使って血糖値コントロールをして下さい。

 

食事療法や運動療法をしながら、賢者の食卓をはじめとする血糖値対策のサプリメントを使用すれば、血糖値コントロールの効果は高まります。
>>血糖値を下げるのに役立つサプリメントを使ってみた

まとめ

賢者の食卓は

 

・食後血糖値の上昇抑える効果はあるが、薬ほどの強い効果はない。
・糖尿病予防の役に立てることは出来る。

 

>>賢者の食卓公式サイト