肥満が健康に悪いのは言うまでもありませんが、血糖値も例外ではありません。体脂肪が多い事自体が、血糖値を上げてしまう要因になるのです。つまり、

 

太っていると、それだけで血糖値が上がる恐れがある。

 

肥満の方には、恐らく大変気になる話でしょう。その理由は、インスリン抵抗性にあります。

肥満とインスリン抵抗性

インスリンは膵臓のβ細胞が分泌するホルモンの一種で、血糖値が上がると分泌され、血液中の糖分を細胞に取り込む働きをします。すると血液中の糖分が減少、血糖値が下がります。

 

所が、何らかの原因でインスリンの効果が低下してしまうことがあり、この現象をインスリン抵抗性と呼びます。インスリン抵抗性になってしまうと、血糖値が上がりやすく、そして一度上がった血糖値が下がりにくくなってしまいます。

 

何故肥満がインスリン抵抗性を起こすのか?、日本肥満症予防協会によると

インスリンは細胞の表面にあるレセプターと結合してはじめてその機能を発揮しますが、肥満になるとインスリンが働くために必要なレセプターの数が減少します。すると膵臓のインスリン分泌細胞がインスリンの働きを高めようと分泌を増加させます。

 

また肥満によって肥大した脂肪細胞から、血中に分泌される遊離脂肪酸やTNF-αなどのアディポサイトカインが、インスリンの働きを弱めるような作用に関係をしています。


引用元:1. 肥満と糖尿病・耐糖能異常 | 肥満症予防コラム | 一般社団法人 日本肥満症予防協会

 

つまり、

 

・肥満はインスリンが働くために必要なレセプターを減少させる。
・脂肪細胞の分泌物がインスリンの働きを弱める。

 

事によって、インスリン抵抗性を起こすと言う事です。

インスリン抵抗性と糖尿病

肥満になる人は、だいたい運動する習慣が無く、甘い物や炭水化物など糖分の多い食べ物が好きです(だからこそ太る)。そのような生活習慣でインスリン抵抗性となったら、一気に血糖値が上がってしまい、そして高血糖の状態が長時間続くことになるでしょう。するとどうなるか?。

 

血糖値を下げるために、大量のインスリンが分泌され、それが連日続くことでβ細胞が疲弊。最後はインスリンを分泌できなくなってしまいます。これが糖尿病の状態で、一度失ったインスリンの分泌能力は二度と元に戻らりません。、これが、糖尿病は一旦発症すれば完治しないと言われる理由です。

ダイエットの必要性

ですので、肥満体型で血糖値が高い場合、単に血糖値対策をするのではなく、まずダイエットを主眼に取り組むべきです。特に内臓脂肪は血糖値に与える影響が大きいので、優先的に対策を。

 

ダイエットで行われる食事制限(特に糖質制限)や運動は、同時に血糖値対策にもなります。

 

でも、ダイエットは何度も失敗しているし全然自信が無い。と言う人は、専門家の力を借りる事をオススメします。1人では続かないダイエットも、ジムでトレーナーの指導を受けながら、なら成功率は大きく上がるでしょう。と言う事で、3つ事務を紹介しておきます。

 

一番有名なのはライザップ。全国展開していて店舗数も多いので、自宅や職場の近くにジムがあるはずです。

 

 

ただ、ライザップはちょっとお値段が高めの設定。店舗数はライザップより少なめですが、ダイエット専門のプライベートジム「エススリー」は、ライザップの3割安です。


エススリーで短期集中ダイエットする

 

もう一つ、表参道と銀座だけですが、エススリーより更にお値段安めのベレッツァ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加